最新更新日:2002/11/25
The Japanese Society for Dalcroze-Eurhythmics and Music Education
日本ダルクローズ音楽教育学会

第2回研究大会

下記の通り、本学会主催「第2回研究大会」を開催いたします。
皆様お誘い合わせの上、多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。

終了しました。ご協力ありがとうございました。
当日のスナップ写真を載せました。
(下記プログラム中のをクリックしてください)。



1.主催:日本ダルクローズ音楽教育学会 第2回研究大会実行委員会
  (事務局:〒185-0003東京都国分寺市戸倉3-21-7 電話&FAX:042-575-7270)

2.日時:2002年11月23日(祝日)10:00〜(受付9:30から)

3.会場:東京教育専門学校(東京都新宿区下落合2-12-1、電話03-3952-4451)
MAP

4.参加費・参加方法:会員の方には、詳細が郵送されました(2002年10月下旬)。
 ・事前申し込みの場合  会員2000円、一般2500円、院生・学生1000円
 ・当日申し込みの場合  会員2500円、一般3000円、院生・学生1500円
                 *いずれも大会プログラム(発表要旨)代を含む 

申し込み方法
:次の方法でお申し込みください。
 ◆会員の方は、送付した封筒の中にある郵便振替用紙を用いて、参加申し込みをしてください。

 ◆一般の方は、郵便局にある郵便振替用紙を使用し、その通信欄に
   「第2回研究大会参加費」と明記の上、11月18日までに、下記口座へお振り込み下さい。

   郵便振替口座番号: 00170−3−60580
   口座名義: 日本ダルクローズ音楽教育学会

〔注1〕事前申し込みの方は、当日受付にて必ず郵便振替「払込兼受領書」をご提示下さい。なお郵便振替は、事務局に届くまでに日数がかかります(11月19日以降に振り込まれますと行き違いになることがあります)ので、お早めに振り込みをお願いします。
〔注2〕前納の方は、大会当日、払込票受領書をご持参ください。

5.プログラム
9:30〜 受付
10:00〜
■オープニングセレモニー 挨拶…会長:福嶋省吾

■ジャック=ダルクローズ作品紹介…ピアノ演奏:澤口遊雲子(東京音楽大学)
                                 

10:40〜12:10 ■研究発表(A会場)………司会:中山裕一郎(信州大学)
1.山名 淳(東京学芸大学)
  「祝祭劇場」の変遷にみるドイツの歴史
  −田園都市ヘレラウにおけるE.ジャック=ダルクローズの遺産とその継承−
2.提坂由美子(静岡大学)
  未就園児(2歳児)のための母と子のリトミック教育一考察(その1)

3.山下薫子(静岡大学)
  「からだ」研究の動向からみたリトミックの再評価−視点の統合と今後の課題−


11:10〜12:10 ■研究発表(B会場)………司会:笹井邦彦(育英短期大学)
1.塩原麻里(東京学芸大学)
  身体による音楽理解と身体図式

2.中館栄子(国立音楽大学)
  日本の響きを素材とした身体的オーケストラ化の試み
  −2つのオリジナル作品を通して−

13:20〜14:20
■ワークショップ(3会場同時進行)

T.「E.ジャック=ダルクローズの合唱曲を歌う」
  企画進行:佐藤邦子(国立音楽大学附属小学校)

U.「ピアノの舞曲を踊る−ピアノ、鑑賞、歌唱指導へのもう一つの可能性−」
   企画進行:中館栄子(国立音楽大学)

V.「創造的な音楽と動き」(限定20名,先着順)
   企画進行:大谷純一(聖セシリア短期大学)
   コメンテーター:細田淳子(東京家政大学)

14:30〜16:30 ■パネルディスカッション(3会場同時進行)

T.「総合的な学習の時間」におけるリトミック教育の実践について
 企画・司会  板野和彦(長野県短期大学)
 パネラー   佐々井利夫(明星大学)
           「総合的な学習の時間」親切の背景・趣旨について
         高倉弘光(筑波大学附属小学校)
           「リトミックの解釈と総合的な学習の時間」
         小笠原美重(春日部市立備後小学校)
           「公立小学校における音楽の授業や「総合的な学習の授業」
           の現状と実際」

U.音楽教育における“音楽とからだの動き”のアプローチ
   −その歴史と理念を中心にして−
 企画・司会 福嶋省吾(東京教育専門学校・白梅学園短期大学)
 パネラー   細田淳子(東京家政大)
           「カール・オルフの音楽教育について」
         塩原麻里(東京学芸大)
           「E.ジャック=ダルクローズの音楽教育について」
         楠瀬俊則(尚美学園大学)
           「戦後の音楽教育における音楽と動きについて」

V.ピアノのレッスンにおけるリトミックの活用
 企画・司会 山下薫子(静岡大学)
 パネラー   浅倉恵子(元浜松短大助教授、PTNA正会員、"K"音楽教室主宰)
           「ピアノ学習にリトミックをどのように生かすか」
         井上恵理(国立音楽大学・玉川大学)
           「即興を取り入れたピアノレッスン」
         坪能知乃(千葉明徳短期大学・つぼのう総合教室)
           「ピアノレッスンを視野に入れたリトミック指導について」

9:30〜16:30 ■学会資料展示と学会誌の販売(1階ロビー)
17:30〜19:30 ■懇親会(JR高田馬場駅早稲田通り「麦酒蔵(びあぐら)」)
以上

第2回研究大会実行委員(順不同)
福嶋省吾、中館栄子、板野和彦、大谷純一、佐藤邦子、塩原麻里、濱谷紀子、吉野美代子
石井亨、神原雅之、笹井邦彦、山下薫子
伊東薫、伊藤仁美、川合玲子、澤口遊雲子、鈴木恵津子、内藤郁子