7月8日:研究大会一次案内掲載
一次案内PDFダウンロード

10月下旬:会員宛にプログラムと参加振込用紙をお送りしました。

11月24日:盛会のうちに終了しました。ご協力ありがとうございました。
当日のスナップ写真を載せました。
最新更新日:2013年11月24日

The Japanese Society for Dalcroze-Eurhythmics and Music Education
日本ダルクローズ音楽教育学会
創立40周年記念研究大会(第13回研究大会兼)
最終案内

下記の要領で、標記の研究大会を開催いたします。皆様お誘い合わせの上、多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。


1.主催:日本ダルクローズ音楽教育学会 創立40周年記念研究大会実行委員会

2.日時2013年11月23日(祝)受付9:20〜/開始9:50〜17:30終了予定

3.会場東京家政大学(板橋キャンパス) 東京都板橋区加賀1-18-1
   (アクセス) お越しの際は、公共交通機関をご利用ください。
           JR埼京線「十条駅」下車 線路沿いに徒歩10分

4.参加費及び参加方法

・参加費
種類 事前申込者 当日受付者
会員 4.000円 4.500円
一般 4,500円 5,000円
院生・学生 2,000円 2,000円

・懇親会(自由参加)の費用は懇親会場で徴収

《申し込み方法》

◆会員の方 既に10月下旬、会員宛に振込用紙を送付しました。
 事前に大会プログラム及び郵便払込票を、各会員宛発送します。
 同封の郵便払込票を用いて参加申し込みをしてください。

◆一般の方
 郵便局にある郵便振替用紙を使用し、
 その通信欄に<創立40周年記念研究大会参加費>と明記の上、下記口座へお振り込み下さい。

  郵便振替口座番号: 00170−3−60580
  口座名義: 日本ダルクローズ音楽教育学会


〔注〕
・郵便振替は、事務局に届くまでに日数がかかりますので、できるだけ早めにお申込ください。
・院生及び学生は、受付の際に学生証をご提示ください。

5.大会の内容

9:20- 受付開始 三木ホールロビー
9:50-10:00 ご挨拶 福嶋省吾(大会実行委員長)
インフォメーション 板野和彦(事務局長)
三木ホール
10:00-11:30 記念講演
「身体、未完の交響として ―音の ”地“を素描する試み―」
講師:丸山慎先生(駒沢女子大学人文学部講師、教育学博士)
三木ホール
11:30-12:10 記念演奏
J=ダルクローズ作品「弦楽四重奏」
企画担当:中館栄子
演奏:荻野照子、坂田和泉、安達いづみ、間瀬利雄
曲目:J=ダルクローズ作曲「弦楽合奏曲」
三木ホール
12:10-13:00 昼食時間帯
〈各会場にて司会者との打ち合わせ、機材確認〉
参加者休憩室
8号館5階A/B教室
13:00-14:30
(4会場同時進行)
研究発表A・・・司会:江間孝子(日本大学芸術学部)

A1 高垣展代(金沢星陵大学)
「ろう学校における音楽教科の一考察:身体反応を取り入れた授業」

A2 三宅浩子(札幌国際大学短期大学部)
「発達障害児の音楽集のためのアセスメントと解釈」

A3 佐和由美子(町田こどもセンター)
「子育て支援事業におけるリトミックの可能性」
8号館2階
研究発表B・・・司会:塩原麻里(国立音楽大学)

B1 浅倉恵子(淑徳大学)
「小学校の〈リズムダンス〉の授業にプラスティーク・アニメを活かす」

B2 清水あずみ(国立音楽大学)
「リトミックにおけるフレーズ指導」

B3 佐々木由喜子(第一幼児教育短期大学)
「ラバンの舞踏の原理とプラスティック・アニメに関する位置研究」
8号館3階
研究発表C・・・大谷純一(聖セシリア女子短期大学)

C1 桑原章寧(貞静学園短期大学)
「身体表現活動における分析と評価について」

C2 中村礼香(鹿児島女子短期大学)
「保育者養成における《保育内容(表現V)》へのリトミックの導入」

C3 長島 礼(関西学院大学)
「我が国におけるダルクローズのリトミック教育の現状と課題:乳幼児から児童期のこどもをかかえる保護者を対象とした質問紙調査より」
8号館4階
研究発表D・・・関口博子(同朋大学)

D1 岸久美子、藤波万里、南川美恵子(蒲田保育専門学校)
「ピアノ学習に影響を与えたリトミック導入について」

D2 丹原 要(筑波大学附属桐ヶ丘特別支援学校)
「エミール・ジャック=ダルクローズの作品演奏と分析:〈20のカプリーズとリズム練習〉より第3曲と第5曲」
4号館リズム室
14:45-15:45
(3会場同時進行)
ワークショップT
「小学校音楽科におけるリトミック」
実践者:高倉弘光(筑波大学附属小学校)
ファシリテーター:鈴木恵津子(鎌倉女子大学)
4号館リズム遊戯室
ワークショップU
「思いっきり楽しむためのリトミック・アイデア:放課後子ども教室における《創作音楽遊び》の活動から」
実践者:祝迫利江衣子(音楽と遊ぼう主宰)
ファシリテーター:江間孝子(日本大学芸術学部)
120周年記念館4階
映像による解説と研究協議
「映像によるリトミック実践の解説と研究協議:ヨーロッパ4カ国リトミック視察DVDに基づいて」
司会:福嶋省吾(東京福祉大学)
発表:板野和彦(明星大学)
撮影/編集(福嶋省吾)・映像解説(板野 平)1976年製作(8ミリフイルム⇒DVD変換)
三木ホール
16:00-17:30 シンポジウム
主題「日本におけるリトミック教育導入の意義と課題:日本の音楽教育にリトミックは何を成しえたのか?」
企画立案:中山裕一郎(信州大学)、福嶋省吾(東京福祉大学)
司会進行:福嶋省吾
パネラー:神原雅之(国立音楽大学)
       倉弘光(筑波大学附属小学校)
       井上恵理(国立音楽大学)
       濱谷紀子(同志社女子大学)
       板野和彦(明星大学)
三木ホール
9:30-17:30 資料展示(学会関係資料) 三木ホールロビー
書籍販売(轄送ァ楽器)
18:00ー20:00 祝賀懇親会 大学85周年記念館学生食堂
 
創立40周年記念研究大会(第13回研究大会兼)実行委員会
実行委員長
事務局長
実行委員

補助委員
福嶋省吾
板野和彦
板野和彦、伊藤薫、板野晴子、江間孝子、大谷純一、川村祥子、神原雅之、笹井邦彦、佐藤邦子、佐和由美子、
塩原麻里、鈴木恵津子、関口博子、丹原要、中館栄子、中山雄一郎、福嶋省吾、房前康子、森村祐子、山下薫子
東京家政大学学生10名