日本ダルクローズ音楽教育学会創立30周年記念論文集
                             
 い    ま
リトミック研究の現在
日本ダルクローズ音楽教育学会=編

 本書は、日本ダルクローズ音楽教育学会創立30周年を記念して編集されたものである。ダルクローズがリトミックを世に問うたのが1905年。その後約100年を経た現在、そのアイデアは新鮮さを失っていない。むしろリトミックは奥深さを秘めて輝いている。ここに掲げられた24編の論文は、様々な角度からその輝きの根拠を描き出し、音楽教育の本質に真摯に迫っている。
       い ま
 本書は<現在>もっとも新しいリトミック研究の視点が含まれている。音楽教育に関心をお持ちの方、そして音楽を愛する人に是非とも読んでいただきたい。

ISBN4-87603-304-8 C3073

開成出版、定価3150円(本体3000円+税)
A5版、320ページ、2003年11月23日発行

一般の書店で注文購入できます。お急ぎの方は、開成出版あるいは
国立楽器(東京)へお問い合わせ下さい。


第1部 リトミックの歴史と理論を築く
■河口道朗 ダルクローズ音楽教育思想の今日的意義 −『リズム・音楽・教育』をめぐって−
■板野和彦 リュシーとジャック=ダルクローズによるフレーズについての見解に関する一考察
■福嶋省吾 日本におけるリトミック教育の歴史的概観
■関口博子 ダルクローズ・ソルフェージュとペスタロッチ主義
■山名 淳 「祝祭劇場」の変遷にみるドイツの歴史
 −田園都市ヘレラウにおけるE.ジャック=ダルクローズの遺産とその継承−
■江間孝子 日本におけるリトミック教育の概念に関する諸問題
■長尾満里 日本の音と身体の動き −日本の民俗芸能の「リトミック教育」への教材化試論−
■塩原麻里 身体を通した音楽理解:身体図式の概念を中心として
■山下薫子 リトミックは音楽の知覚をどのように変えるのか −エコロジカル・アプローチによる再考−
■武石宣子 リトミックの教育思想の源流
■神原雅之 リトミックにおける即興演奏の意味

第2部 リトミックの実践に学ぶ
■森きみえ 音楽身体表現への私案
■鎌形由貴乃 乳幼児の生活とリトミック
■伊藤仁美 小学校2年生におけるリトミック的身体表現の試み−即興的な動的造形の創造を通して−
■鈴木恵津子 保育者養成校におけるピアノ指導に関する一考察
 −グループレッスンへのリトミックの応用−
■高倉弘光 「総合的な学習の時間」におけるリトミック教育実践の可能性について
■佐怒賀悦子 音楽専門教育におけるソルフェージュへのリトミックの応用に関する考察
 −リズムからのアプローチ−
■中館栄子 音楽・動き・光によるアンサンブル考−音楽の身体的オーケストラ化を通して−
■板野晴子 ソルフェージュにおける音階練習に関する一考察
 −ジャック=ダルクローズとコダーイのメソードの比較を視点として−
■櫻井靖子 ハノーファー音楽大学におけるリトミック −リトミック教育の体験的日独比較−

第3部 関連領域の研究からリトミックの展望を探る
■今川恭子 生活に芽生える子どもの音楽的表現
■後藤田純生 歌あそびからはじまる音楽学習
■佐野 靖 「音楽と動き」が開く音楽学習の可能性 −ドイツの実践構想と史的展開を手がかりとして−
■中山裕一郎 日本におけるリトミック研究の現状分析と今後への課題


創立30周年記念論文集編集委員会
板野和彦、江間孝子、神原雅之(委員長)、塩原麻里(幹事)、中山裕一郎、福嶋省吾、山下薫子

indexに戻る