日本ダルクローズ音楽教育学会
The Japanese Society for Dalcroze-Eurhythmics and Music Education


第34回研究例会 2001年6月3日(日)/ 東京教育専門学校

【研究発表】

《プログラム》
発表1
「21世紀の教育とリトミック」
塩原麻理(東京学芸大学)

発表2
「リュシィがリトミック成立に及ぼした影響に関する一考察」
板野和彦(長野県短期大学)

発表3
「リトミックにおける即興の意義の再考」
猪野 純(こどもミュージック・ラボ主宰)

<ラウンドテーブル>
主題 「続・リトミック教育を問い直す」
企画者: 福嶋省吾(東京教育専門学校・白梅短期大学)
話題提供者: 塩原麻理、板野和彦、猪野 純










当日の発表要旨をご覧になりたい場合は
次にパスワードを入れてください。