<<INDEXに戻る



Acrobat Reader(無償配布)を使ってAdobe PDFファイルの表示と印刷ができます。
ダウンロードはこちらから

日本ダルクローズ音楽教育学会
The Japanese Society for Dalcroze-Eurhythmics and Music Education
第39回研究例会のご案内
 若葉が美しい季節になりました。みなさま新学期も始まりお忙しい事と存じます。
 さて、第39回研究例会(東京例会)を下記の通り開催いたします。多角的側面から深く研究協議ができますよう、ここにご案内申し上げます。
ご参加ありがとうございました。盛会のうちに終了しました。

日 時:200664日(日)午後1時〜4時00分(受付開始12:30〜)
会 場:東京教育専門学校・第1号館(JR山手線目白駅下車徒歩7分) →MAP
    東京都新宿区下落合2-1-12
参加費:会員1,000円、一般1,500円、学生500円
主 催:日本ダルクローズ音楽教育学会
問い合わせ:Tel&Fax042-575-7270福嶋
研究発表》13:00〜14:30   司会:笹井邦彦(東京家政大学)

発表1:川村祥子(東京文化短期大学)
イタリアの幼児教育法について−リトミック教育とピアチェンツァの新しい音楽教育法の接点から− →要旨(PDF)

発表2:和田祥恵(リトミック・ルーム”スキップステップ”)
社会教育の一分野としてのリトミック指導について →要旨(PDF)

発表3:濱谷紀子(同志社女子大学)
臨床的なリトミック(セラピューティック・リトミック)の可能性 →要旨(PDF)

パネル・ディスカッション》14:40〜16:20 企画・司会:濱谷紀子(同志社女子大学)

主題:「臨床的なリトミックの可能性を広げるために」
→要旨(PDF)
パネラー:濱谷紀子(同志社女子大学)
      山崎詩奈子(国立市公民館障害者青年学級リトミック講師)
      西村聡子(船橋音楽療法研究室)
2006年度会員総会のお知らせ
例会に続いて、総会を催します。会員の皆様、万障お繰り合わせの上ご参加下さい。
                         記
日時:2006年6月4日(日)午後4時20分〜5時(第39回研究例会終了後)
会場:東京教育専門学校(例会会場と同じです)
議題:報告事項、審議事項